2006年05月20日

JAL派?ANA派?

“こだわりのあるビジネスライフをテーマに、スマートビズをサポートする”デザイナーR&Kです。

東京は季節外れの台風か?風と雨が強くて大変でした。
こんな日は飛行機もガタガタ揺れて怖いでしょうね。

帰り道、ばったり知人に出会い、美味しい食事でもと思ったのも束の間、
天候の悪さに、いつものコダワリを捨てて、目の前のラーメン屋さんに飛び込みました。
ときには、コダワリを捨てる臨機応変も大切ですね。

「Rは何派か?」と聞かれれば、今日みたいな悪天候の日は、やっぱりANAにしたいと思いつつ、いつも命がけで、JALに乗ってます。

「なぜかって?」
ギリギリまで、マイベットで寝ていたいからです。

特に早朝の空港(保安検査場)へは、10分前ぐらいに駆け込んでます。

こんな無茶を可能にしたのは、「WEBチェックイン」のお陰です。

携帯やパソコンからチェックインができて、カウンターに並ぶ事なく、保安検査場(荷物を検査するゲート)に直行できます。

検査場のゲートにあるICリーダーにマイレージカードかIC携帯(おさいふ携帯)をかざすと、搭乗ゲートと席番が記載された、ピラピラの紙がでてきます。あとは、飛行機のる最終ゲートで、カードか、おさいふ携帯を、タッチしてゴー(搭乗)となります。

ゲート通過の際に、いつも気になる会話があります。
保安検査の係員に「搭乗券を拝見」と言われます・・・。
チケットレスなのに不思議です。係員にすら、WEBチェックインは認知されてないのでしょうか??JALさん、きっちりと教育してくださいね!
初めての利用者が迷ってしまいますよね。

熟読戴いたあなたは、慌てず騒がずに無視して、スマートに、ICリーダーに、タッチしましょう。

念のため補足ですが、航空会社のルールでは、15分前までのチェックインとなりますので、私の真似をして乗り遅れても、責任を持てませんので、あしからず…。

そうそう、携帯からのチェックインでは、座席レイアウト図を見ながら席の指定や、変更もできて便利ですよ。

私は、おさいふ携帯を使って、予約から発券、チェックインまで活用してます。時間がない忙しい方には、ほんと便利ですよ
まだ携帯で利用している方は、1便に1割もいません。私のチェックでは、
携帯派は、2〜5名程度、マイレージカードでのタッチ派は、
20人程度いました。


九月から、やっとANAも保安ゲートへ直行できるサービスをリリースすると発表になりました。ANAが可能になれば、朝が苦手な私も、安心して飛行機会社を選択して乗れそうです。

さて、どんなネーミングになるのでしょうか?

私なら『ラクラクチェックイン』がいいかな…。まったくセンスがないですね。すみません。 

それとも、現行のANA方式である自動チェックイン機に立ち寄り、
マイレージカードや、おさいふ携帯を、タッチするだけで、
搭乗券が受け取れる「eスマートチェックイン」の名称を引き継ぐのでしょうか?

ANAは、今まで、ネーミングで市民権を得た物が多いので、
センスが良いのを期待しましょう。

特割1や早割21、最近では旅割って、ANAの名称なんですよ。
それと同様のJALの割引は、なんと言うか知ってますか?

答え:得割1=特便割引1、早割21=前売り21、旅割=特便割引28となります。

同じ種類の割引なら共通の名称にして欲しいと思いませんか!
紛らわしいですよね。

IC携帯は、ドコモ用語の「おさいふ携帯」が、au等の携帯会社も採用したのは、驚きでした…。利用者目線なら当然の事とですよね。

となると、ANAも「WEBチェックイン」と命名するのでしょうか?
業界トップのプライドが許しませんかね。

では、また次回



posted by R&K at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。