2006年05月26日

襟のおしゃれ(クールビズ対策)

御仕事おつかれさまです。R&Kです。
コダワリのテーマとして、本日、ワイシャツの襟(カラー)をとりあげます。

昨年は、いきなりクールビズが始まり、10万円以上も、洋服を購入した人がいました。
ちょっと残念だったのは、投資額に見合わず、いまいちな人が
多かったことでしょうか。

仕事の時間が中心となるだけに、自分らしさを演出し、楽しまれる余裕があれば、きっと素敵だったと思いますけどね。

ちょっとした、コダワリで、おしゃれを演出できる例として、
襟の形があります。

かなり流行っていましたが、台襟が高くボタンが2つの
(行き過ぎで3つのトレボットーニなんてありますが)ドュエボットーニ(=イタリア語でボタンが2つの意味)
なんて、ノータイにはあいますね。←一般のファッション紙に良く書いてあります。

スマートビズ的なスタイルとしてコダワルならば、
会社のドレスコードが襟付きと限定されるケースが多いと思います。

そこで、マオカラー(立ち襟)はどうでしょうか?
スマートな方には似合うと思います。
一応、これも襟が付いてますよね。だめですか?

がっちりとした方へは、大きめの襟をお勧めですが、
ワイドスプレッド(襟が多きく襟先が広らいている形)は、
ネクタイを、ウィンザーノットのように太い結び目が似合いますが、
ノータイにはあいませんので、ご注意を・・。

裏技として、襟の形を整える裏にあるカラーキーパーを、抜いて、
襟をソフトにする方法もありますが・・・。

そう言えば、Kは、カラーキーパーを、いつも抜いてますね。
逆に、見えないおしゃれとして、カラーキーパーを、カラフルな色に変える高度なテクもありますよ。
(横浜のそごうデパートで、カラフルなカラーキーパーを発見しました。
ダンヒルには、金製がありました)

女性用でみかけるイタリアンカラーなんてどうでしょうか?
台襟がなく、 着用するときれいなロールが出てエレガントな印象になります。素敵ですよ!
台襟なしならば、開襟もありますね。

襟の名前には、マオとかイタリアンとか国に関するのが多いですね。
日本のオリジナルならば、詰襟でしょうか?

カフス(袖)でも、国に関するのが多いですよ。
例えば、ナポリカフとか、フレンチカフ(=ダブルカフス)なんてあります。

※ナポリカフ 通称ターンナップカフです。ダブルカフスのように、 折り返しますが、シングルカフスですので、ボタンで留めるタイプです。

最後に、ネクタイを固定するためにあるピンフォールカラーを、
あえて、ノーネクタイでする方法もあります。

襟先に穴があり、金属のバーをクリップ代わりに止めているタイプです。
最近既製品でもみかけるようになりました。

実は、ピンの別売りで、色(金や銀)の物、
さらに、サイドの留め金の形が、球体、立方体だったり、
カラフルな石がついているタイプがあり、ピンでおしゃれを演出できます。

「いろいろな襟があるのは、わかったけど?近くに売っていない!」
と言われそうですが、

ならば、「あったらいいな」「かっこいいな」ですよね。

では、作りましょう。
デパートのワイシャツ売り場で、パターンオーダーにトライしましょう。
一万円程度で、好きな色、カラー、カフス、ボタンまで、指定できて、
自分の体にあったシャツを作れます。おためしあれ!
オーダーのコツは、また後ほど機会があれば、お話いたします。

売り場には、カラー見本がかざってあります。それを見るだけでも、
色々な形があって、楽しいものです。
なんて、思っているのは、私だけでしょうか・・。

その他の襟のスタイルは続編で ここをクリック


それでは、また
R&KのRでした。


ラベル:クールビズ
posted by R&K at 08:45| Comment(5) | TrackBack(2) | クールビズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『R&K』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年05月27日 01:15
こんにちは!
工房UncleZ BLOGです。
ブログにコメントありがとうございます。
最初のコメントでは、エラーが出て、来られませんでしたので、2回目でおじゃましました。
私自身はあまり、シャツについて詳しくありませんが、立ち襟については、日本人はあまり、(たけ)が高いのは、似合わないような気がします。肩幅が狭いのと、首が細くて、顔が大きいからです。背の低さを強調しているような気がします。私は、小さめ、ボタンダウンが好きです。
TBつけさせていただきますので、どうぞよろしく!
Posted by あめんぼ at 2006年06月22日 14:21
工房UncleZ BLOG様 コメントとTBありがとうございます。

世の中・・大きめの襟が流行してますが、クラッシクな雰囲気があり、
小さめボタンダウン素敵ですね。

ぜひ、こらからも、クールビズやオフィスで使えるアクセサリ作ってください。
期待してます。
Posted by R&KのR at 2006年06月22日 19:51
私はクールビス大賛成派!男も個性的でいいし、環境にも…体にもいいし、ネクタイは将来、おしゃれ用として、過去の産物になるんじゃないかな〜?女性も…自分が男の立場として意見してくださいね〜♪首締められるようで、トラウマの男性もいるみたいだし、それで、サラリーマン出来ないとか…今世間は、男も女も関係ない!おしゃれが一番♪経済効果もあるじゃんか〜〜〜〜〜〜〜〜♪
Posted by ナンジャタウン大好き at 2008年12月13日 03:48
確かに、ノーネクタイはだらしないかもしれない!けど、もうネクタイは古いファッション!あれで、首締められるようで、カッコ悪い!犬の首輪だよね☆ふふふ…
Posted by 弱いサンタ at 2008年12月13日 03:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

見つけたブログ 20060524
Excerpt: クールビズに関連したブログの紹介です。 衣替えの6月に近づくにつれて、皆さんの記事が増えてきてますね。 日本の6月は梅雨です。気温だけでなく「湿度」によって厚着の不快感は更に増しますから。 夏到来?..
Weblog: スーツ・ネクタイなんて要らない!ブログ版
Tracked: 2006-05-24 10:45

ふくろうのループタイ追加しました!
Excerpt: 引き続き、クールビズのアイテムにループタイをおすすめします! 蒸し暑いけれど、シャツの胸元はぴりっと、したい、と、 思われた方は、ショップをごらんください。
Weblog: 工房UncleZ BLOG
Tracked: 2006-06-22 14:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。