2006年05月28日

梅雨ビス推進委員会(カバン編2)

こだわりのビジネスライフをテーマに、スマートビスをサポートするデザイナーのR&Kです。



『クールビズがあるなら梅雨ビズも!』
梅雨ビズ推進委員会―「雨の日のカバン」編の続きです。


前回はキャスター付きキャリーバッグのお話でしたが、もちろんキャリータイプにこだわる訳ではございません。

雨なら背負えばいいじゃないかというリュック派や、雨の日の美学を掲げる(Rのような!)方々もいらっしゃるはず。

後者の場合、例えばアタッシュケースやダレスバッグなど、雨対策はどうしてますか?

ゼロハリバートンのアルミケースとかなら怖れることはないのでしょうが、本物の革って傷には復元力があるけれど水には弱い。


知り合いの社長さんで、アイグナーのアタッシュケースを愛用してる方がいらっしゃいます。

仔牛の首の部分だけを使っているとかで、よ〜く見ると首ってわかる細いシワがある。

プレス加工でごまかしてないところに価値があるんですって。

きめ細かくて、滑らかで、ほんとうに上質の逸品でした。買った時はね。

やはり雨がいけなかった。

アイグナーさん、カバーもいっしょに作ってくださればよかったのに。


雨よけカバーって透明ビニールだったり、おしゃれじゃないんですよね。

センスが良くて、機能性高くて、遊び心のあるカバー、ほしいです。

隠しポケットがあったり、そうそうリバーシブルは必須ですね。


上からの雨は守れても、下はどうしましょう?

駅のホームや立食いソバ屋さんなど、地面に置きたいシーンは結構ありますよね。

たとえ底鋲付きでも、座った時に膝の上に乗せることを想像すると、ちょっと抵抗感ないですか?

特に女性はあるようですよ。


そんなときのため、手軽に貼って剥がして使い捨ての防水シールみたいなものがあったら・・

雨の日のお出かけ前にひと貼り。

自分のカバンの底のサイズに合わせてカットして。

でも、これもやっぱりお洒落じゃないと。
(見えないところにこそ、コダワルのがR&Kのポリシー)

ストライプとか、ヒョウ柄とか、ショッキングピンクとか・・・


そんなのないですよね。それならR&Kが作っちゃいましょうか?


ということで、「あったらいいな、ほしいな」 募集中!
アイディアひらめきご意見お待ちいたしております。



梅雨ビス推進委員会ほか進行中★R&KのKでした


posted by R&K at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅雨のおしゃれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。