2006年07月12日

クールビズオーダーシャツ完成(カラーセパレテッドシャツ)写真付き

こだわりのあるビジネスライフをテーマに、スマートビズをサポートするデザイナーR&Kです。

本日、デビューしました。

完成品は、パープルとブルーのオックスフォード生地の2枚です。

コンセプトは、ブルーにパープルの襟をつけたり、
その逆にして取り付けてみたり・・。

夜は、取り外して、マオカラーに変身してオフタイムを充実できますよ。

まさに、いまマオカラーのスタイルでBarでブログを執筆してます。

写真がないとわかりづらいですね。
おまたせしました。

カラーセパレテッドシャツ.JPG

上段の写真が取り付け前、下段のが色違いに取り付けた写真です。

さて、デビューの感想はと言いますと、
襟の取り付けが難しいのです。

特に前ボタンを止めるのに、テクニックがいります。
シャツを着るのに技術の習得が必要で、着応えがあるなんて、
毎朝愉しくなってきました。
なんて、余裕な発言してますが、ちょっと朝遅れそうで、
ダッシュでした。あついあつい・・。

えっ?「めんどくさいだけ!」ですか。
ムダを愉しむ余裕なんて、粋と思いませんか?

あとは、ネクタイを通すのが、後ろボタンのピン(襟を留めるピン)に
引っ掛かるため、これまた、難しいのです。
ただ、結局、クールビズにしたので、ノータイで行きましたが・・。

第一ボタンはずせないの?
襟を留めるために、前ボタンを、しめておく必要が構造的にあるのです。
ちょっと、暑いですよね。

R&KのKよりアドバイスで解決!さすがKと内輪で盛り上がり・・。

前後ボタンを、前に2つ使って、第一ボタンをオープンにする方法を
あみだしました。

襟の両端にボタンフォールがある仕組みですから、
台襟の右と左のボタンフォールを合わせて一緒に留めれば良いのです。
※ちょっとわかりずらいですね。あとで図解します。

高度なテクとして、前後ボタンの代わりに、ゴムカフスで襟をとめたら
おしゃれでしたよ。

で、肝心のRの楽しみ・・。誰が最初に気づいてくれるかですが、
残念ながら、誰もいませんでした。

「襟の色が変だよ」とでも指摘されるのを待ってたのですがね。
まあ、初日ですから・・。

ショートカクテルが温まりそうなので、この辺で。
ショートは短時間で呑めが基本ですしね。

オーダーシャツへのコダワリ襟以外に、盛り沢山な仕様なので、
また次回にお話します。
とあるBarカウンターにて R&KのRでした。


posted by R&K at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クールビズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。