2007年03月18日

PASMO誕生!

いよいよ本日3月18日から、首都圏のJR東日本と私鉄、バスが共通のICカードで乗車がきるようになりました。
あなたの初体験コメント待ってますね

いままで、JRはSuicaと私鉄や東京メトロ等が磁気のパスネットで相互利用ができず、日々電車に乗るRとしては不便だなと思ってました。

そもそも、Suicaが誕生した時、私鉄等の他社を排除したのがJRだとか…
ほんとなら、ユーザーを無視した信じられない事ですが?
なぜ、いまになって共通化できたのか、ご存知であれば教えてください

ちなみに、切符を買った時とIC利用で金額が事なる例外があります。
説明読みましたが、仕様と言うより手抜きか不具合としか思えませんが…
本来ならルートが分かるのだから正しく計算できるはず。運賃計算ソフトは正しく計算できてました。
たしかに自動判別できないケースもありそうですが出札時にメッセージがでたりしても良いのになと思ってしまいます。

普通の人が、区間や条件によって磁気の切符を買うか、スイカやパスモを使うか、使い分けができるか疑問ですね。
自動改札で確認のメッセージがあるわけでないから、自己責任と片付けられるのも納得できないかな

普通のお店なら確認せずに、高い計算で請求したらクレーム物です。
とは言え、
特定区間なら、JR+私鉄+JRと乗る場合、最初と最後のJR区間を通し運賃として安くなるなんて知ってましたか?
私は切符買う時におそらく、別々に買って損してたかも
ある意味、今回のICの共通化で、運賃計算ルールが詳しくなったのは、少し賢くなったかな?
そうそう、ポイントも色々あるので、要検証です
また報告しますね
では、また


posted by R&K at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートビズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。